自殺について考える日

こんにちは、精神科ナースのS田です。

少し物騒なタイトルにしてしまいましたが、9月10日は世界自殺予防デーというらしいです。

この記事では世界自殺予防デーにちなんで、自殺に関する世界と日本の取り組みについて紹介しつつ、僕自身が自殺について思うことを書き綴っていきます。

この機会に、一緒に自殺について考えてみましょう。

それではいきましょう!

世界自殺予防デーとは

世界自殺予防デーは英語でWorld Suicide Prevention Dayと表記します。

9/10になった由来は、2003年に世界保健機関 (WHO)と国際自殺予防学会(IASP)が共同で開催した世界自殺防止会議(スウェーデン・ストックホルム)の初日とのことで、世界的に自殺対策に取り組む責任があると決意表明されたからです。

自殺の防止に対して意識をするための啓発を意図としているものです。

日本の自殺予防の取り組み

日本においても、自殺予防の取り組みを行っています。

2006年に制定された自殺対策基本法によると、9/10~9/16を自殺予防週間。3月を自殺対策強化月間として定めています(第7条)。

また、厚生労働省のホームページには、詳細が記載されています。

自殺対策を推進するためには、自殺について、誤解や偏見をなくし、正しい知識を普及啓発することが重要です。このため、自殺対策基本法では、9月10日から9月16日までを「自殺予防週間」と位置付け、国及び地方公共団体は、啓発活動を広く展開するものとし、それにふさわしい事業を実施するよう努めるものとすることとされています。 また、平成29年7月25日に閣議決定した、「自殺総合対策大綱」では、国、地方公共団体、関係団体及び民間団体等が連携して「いのち支える自殺対策」という理念を前面に打ち出して啓発活動を推進し、あわせて、啓発事業によって援助を求めるに至った悩みを抱えた人が必要な支援を受けられるよう、支援策を重点的に実施することとされています。

(厚生労働省HP 自殺予防週間)

自殺についてS田が思うこと

ここからは自殺について僕が思うことを書いてみたいと思います。

個人的な見解になることはご了承ください。

精神科で働いていると希死念慮として患者さんの「死にたい気持ち」を直接聞いたり、実際に自死する事例に出会うことがあります。

臨床にいると自殺(自殺企図)と自傷はとても大きな違いがあることを実感します。

そして自殺を本気で視野に入れている患者さんをみると、「僕はなんの命を救おうとしているんだろう」と考えてしまうことがあります。

心の底から”死にたい”と思っている患者さんを救うことが我々医療者の仕事なので、板挟みになっている気持ちでいっぱいになります。

そして同様のことを救急やICUの看護師も感じることがあると聞いたことがあります。

自殺が良いか悪いか、という話は深めるとキリがないかもしれません。

安楽死に関する議論と同様の結末になることが予想できます。

ただ、僕が精神科で働いていて大切にしているのは、

「目の前に居る患者さんの言っている“死にたい”は精神状態によって歪んだ判断の上で決められている」と考えることです。

「そうでもしないと患者さんを守れないし、自分が向き合っている仕事の意味を見失ってしまいそう」と感じているからです。

本当に精神論です(笑)

どんな心持ちで仕事に向き合っているか、人によって異なるものですが是非他の方の意見も聞いてみたいと感じています。

(もっとこのサイトのユーザーさんと交流できる仕組みがあれば・・・)

命と向き合うとき、多くのジレンマを抱えることがあります。

特に「生きたい」人を助ける医療者と違って「死にたい」人と向き合う瞬間は、自分達の正義感やモラルそのものを考えさせられます。

まとめ

自殺について考えると、文化的背景や社会的背景、人生観なども踏まえて個々の見解が反映された意見になることが想定できます。

この機会にNur-switchでも自殺に関していくつかの記事を更新していきたいと思います。

是非皆さんも一度考えてみてください。

ちなみに生きる意味について、フランクルの『夜と霧』を紹介したページがあるので、そちらもご覧ください。

それではまた!

こちらもおすすめ

参考文献

厚生労働省HP

広報の取り組み~いのち支える自殺対策~

(21/09/09閲覧)

看護師S田さん
看護師S田さん

京都大学卒業後、とある病院で看護師として勤務しながら、看護師の知識向上のため、「ナースイッチ」を創設。日々臨床と研究を両立しながら看護に向き合っています。

Follow me!

コメントを残す