肺炎を起こさないために。ICUで気を付けたい嚥下障害とは

本日は、ICU看護〈嚥下障害〉について紹介します。

ICUでは人工呼吸器管理患者が多くいらっしゃいますが、抜管後問題となるのが嚥下障害です。抜管の有無に限らず、高齢者では、元々嚥下障害のある方も沢山います。

誤嚥性肺炎を起こさないためにも、嚥下障害の有無の評価は非常に重要であるため、参考にしてください。

※以下は様々な参考書、勉強会資料、看護師向けサイトより私が情報をまとめたものです。そのため、あくまで参考程度にご覧ください。誤情報がある場合はコメント頂けると幸いです。

嚥下とは

口の中に取り込まれた食べ物や飲料水を口腔から咽頭、食道を経て胃に送り込む反射性の

運動。脳幹からの運動出力の結果として食塊が口腔より食道まで移送する。

①先行期、➁準備期、➂口腔期、➃咽頭期、⑤食道期の5つの期からなる

ソース画像を表示

嚥下障害とは

体力低下、意識障害、嚥下運動障害、心理的障害など様々な原因により口から自力で栄養摂

取困難な場合をいう。

影響因子

食欲という動機、嚥下器官を制御している中枢・末梢神経系、嚥下器官を構成する筋・骨・軟組織、食事の姿勢、食べ物の物性など

原因疾患

  1. 器質的障害を起こすもの:舌炎、口内炎、扁桃炎、咽頭炎、口腔腫瘍、潰瘍、異物など
  2. 機能的障害を起こすもの:脳血管障害、パーキンソン病、ALS、マーゲンチューブなど
  3. 心理的原因となり嚥下障害を起こすもの:認知症、拒食、うつ、神経性食欲不振症など

悪化因子

  • 廃用性症候群:嚥下関連筋の未使用、消化管未使用
  • 加齢:筋力低下、知覚低下、口腔内の変化
  • 薬物の影響や生活習慣

重症度分類

ソース画像を表示

嚥下評価方法

まとめ

いかがでしょうか?誤嚥性肺炎は高齢者でも死因になるほどの疾患です。不顕性誤嚥など判断しにくい場合もあるので、これらの知識を基にアセスメントへ繋げてください。

こちらもおすすめ

namiさん
namiさん

京都大学卒業後、とある大学病院のICUでコロナに追われて奮闘中。
臨床と研究をつなぐ人材を目指して、エビデンスに基づいた情報提供を心掛け、今後は大学院進学を視野に入れて日々学習しています。
元同級生のS田に声をかけられ、一緒にNurswitchに記事を投稿することに。
(S田によると、才色兼備の素敵な同期とのこと)

Follow me!

コメントを残す