ICUの日勤業務

こんにちは。

4月になり新年度が始まりました。

部署内では新卒者や異動者が新しくメンバーに加わり、新体制での勤務が始まります。

新卒でICUに配属されたけど大丈夫かな。

今まで慢性期病棟勤務だったのにいきなり急性期病棟でやっていけるかな。

などと不安を抱いている方は多いのではないでしょうか。

そこで、少しでもそのような不安を抱く看護師さんの手助けになればと、

本日は私の勤務するICUの日勤業務の流れを簡単に紹介します。

7時半~情報収集2対1の看護体制なので、1人か2人の情報を取ります
ここ数日の患者状態、現在投与中の薬剤の種類・投与量、栄養の種類、検査データの推移、今日の検査予定、挿入中のデバイス類、皮膚トラブルの有無、治療方針などをざっと取ります
8時~始業点検まず担当看護師からの申し送りを受けます
その後30分程度で以下を確認していきます
・薬剤や栄養剤の種類
・投与量、医療機器の設定を読み合わせ
・デバイス類の刺入部
・固定確認
・コール基準とアラーム設定の確認
・医療機器の作動点検
・皮膚トラブルの位置と状態
8時半~カンファレンスを行い患者情報を共有します
9時~業務開始・VSを測定
・患者の状態に合わせ保清や看護ケアを実施します。
・検査出しや処置
11時~・VS測定、点滴
・栄養類更新、血液ガス測定など
・11時~13時間で1時間ずつ休憩を回します
13時~・カンファレンス:安全や褥瘡、インシデントなどに関すること
・検査出しや処置
・家族対応
・翌日の指示書の確認
・SOAPを書き始める
15時~・VS測定・申し送り準備
16時~・記録見直しや看護計画の修正

いかがでしょうか。

この他にも、2時間毎の尿量測定や患者の状態に合わせた吸痰など、業務は沢山あります。

最初は業務が多く大変に思いますが、徐々に慣れると余裕が出来、業務に追われることもなくなってきます。ぜひこの業務の流れを参考にし、ICU勤務の準備に役立ててください。

こちらもおすすめ

namiさん
namiさん

京都大学卒業後、とある大学病院のICUでコロナに追われて奮闘中。
臨床と研究をつなぐ人材を目指して、エビデンスに基づいた情報提供を心掛け、今後は大学院進学を視野に入れて日々学習しています。
元同級生のS田に声をかけられ、一緒にNurswitchに記事を投稿することに。
(S田によると、才色兼備の素敵な同期とのこと)

Follow me!

コメントを残す