あいまいにしない精神科看護

スポンサーリンク
あいまいにしない精神科看護

すぐに使える!傾聴のテクニック7選!

看護学生時代から耳にタコが出来るほど言われる“傾聴”という関わりについて説明します。 知識だけの一筋縄ではいかないのが臨床です。実践において「難しいなぁ」と感じる方も多いかと思います。 「じゃあ傾聴って実際はどうすればいいの?...
あいまいにしない精神科看護

わがままと疾病利得

精神科に限らず患者さんが“病気を言い訳にしたわがまま”を言ってきた場合、看護師・家族などの言われた人は対応に困ることが多いです。 病気によって患者さんが得をすることは疾病利得と呼ばれ、その中でもいくつか種類があります。 精神科...
あいまいにしない精神科看護

心の治療における“家族”

精神科において、看護のアセスメントから切り離せないのが家族の存在です。 これは、精神症状の回復と悪化に関わっているという点で、身体科以上に配慮して情報収集しなければいけません。 そこで今回は、精神科領域における家族の役割と位置...
あいまいにしない精神科看護

惑わされるな!精神科によくある“俗語”

「フラッシュバックした。」 みなさんは臨床の現場で、患者さんが言う心の状態について、そのまま受け取っていませんか? この記事では患者さんの発する“俗語”に着目して、根拠に基づいた臨床判断の出来るような解説を行っていきたいと思い...
あいまいにしない精神科看護

陽性転移とは?注意点、対処法は?

看護師として働いていると、患者さんが看護師に好意を持ってしまう場合があります。 入院生活という窮屈な環境で、親身になって身の回りのお世話をしてくれる看護師に対して、感謝やお気に入りのような感情を持つのはごく自然なことです。 し...
スポンサーリンク
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました