京大出身ナースのS田がNur-switchを作ったワケ

スイッチオフ
スイッチオフS田の日常

このたびNur-switchのスピンオフとして、精神科に勤務している現役看護師のS田によるゆるゆるな雑記ブログを初めてみようかと思います。

精神科看護師として、看護師ブロガーとして、京都大学の研究生としての僕の日常を書きながらみなさんの共感やあるあるに繋がればと思います。

さて、初回である今回の記事では、僕がNur-switchを作った経緯ときっかけについて書いてみたいと思います。

(2022年7月に加筆修正しています。)

S田がこのサイトを作ったまっすぐなワケ

僕がこのサイトを作ったまっすぐな理由は、みんなを巻き込んで勉強をしたいからです。

そして看護の世界がより専門的でアカデミックになるように願っているからです。

元々教科書中心の勉強オタクであったことから、目に見えない心を扱う精神科に興味を持って大学を卒業してから精神科の看護師として臨床に出ました。

しかしそこで目にした臨床で、精神科看護での根拠に基づいた看護がとても難しいと感じ、現場ではエビデンスに基づいている看護師が限られているという現状に不満を持ちました。

そこで僕は臨床で出会った出来事や臨床的な疑問をエビデンスに基づいて裏付けするように心がけ、自分で学習を進めてきました。

EBNとは?根拠に基づいた看護のコツを紹介!
看護の実習や新人指導の現場で「根拠はなに??」と口うるさく言われることがあります。「もう耳タコだよ!」と感じる方が多いかと思いますが、実はこの質問はとても大切な意図があるのです。今回は、根拠に基づいた看護、EBNについて解...

僕はこのサイトの記事を作るために、必死で本を読んで学習して、よりわかりやすく伝えるために頭を抱えながらパソコンに向かっています。

そしてこのサイトの記事を読んでいるみなさんは、僕がまとめた記事を読むことによって日々の学習を深めることが出来ます。

つまり書いている僕も、読んでいるみなさんもwin-winなのです。

特に精神科スイッチは、そんな僕にとって知識の集大成であり、看護師としてのEBNの軌跡にしていきたいと考えて始めました。

もう一つのモヤモヤするワケ

僕がNur-switchを作ったのにはもう一つの大きなワケがあります。それが、

看護師はナメられている

という現状の破壊です。

看護師は専門的な学校を卒業して国家資格を取って、初任給はぼちぼち貰えるそうですが給料は伸びしろが少なく、医療業界においても「医者の下」というイメージが払拭できないでいます。「バカでもなれるんでしょ?」という言葉を僕自身も聞いたことがあります。

そして「患者様は神様だ」という意識の患者さんのから看護師は召使いのような扱いをされることも珍しくありません。

新型コロナウイルスの蔓延によって医療従事者にフォーカスが当てられる機会もでき、重宝されることが増えている職業の一つではあります。

ただ、その職務環境は“割に合わない”と感じる人が多いのではないでしょうか。

とはいえ一般社会とは異なった性質のある“病棟社会”では、知識のアップデートもせずにだらだらと年数を重ね、年功序列をいいことにあぐらをかいている人も中にはいます。

自分自身のどこかに「学習意欲のある看護師はもっと評価されるべきだ」という意識があるからこそ、なんとか現状を覆せるような発信を行っていきたいと考えている面もあります。

こうしてできたNur-switch

これら二つの理由から、僕はNur-switchを作って様々な方向の記事を書いて、ここまで歩んできました。

といっても、一人で全部作ったわけではありません。

(一人ではこんなサイトは作ってこれませんでした)

「中身と外側を両立するのは負担が大きいし、僕以外の人も中身に携わることを視野に入れて、サイトの設営と運用を頼める人を探さないとなぁ」というきっかけで、勢いに任せて創設メンバーに呼ばれたのがVin-menです。

僕がサイトのコンセプトを記事などで、サイトとそのものの運用や投稿の調整などはVin-menが行うという分業でやっています。

そこから紆余曲折があり、様々な方に支えてもらって今のNur-switchがあります。

今後Nur-switchが目指すもの

僕が運営に関わっていることもあり、欲張りな夢があります。

「知りたいことがあって検索したら気づいたらたどり着いてた」

「わからないことはとりあえずナースイッチ見とこ!」

という位置づけのサイトを目指しています。

そのためには今より多くの間口をとる必要があります。

多くの診療科について紹介しつつ、看護学生も対象にすることが必要です。

そこで長期目標として掲げているのは

全ての診療科を網羅する

ことです。

そのために一緒にやってくれる仲間は常に募集しています(笑)

また、僕個人での目標は精神科看護のサイトで上位になることです。

何を基準にどう評価するかなど、基準は難しいですが、まず出来ることからやっていこうと思っています。(とてもアバウト・・・)

まだまだ今後更新していきたいトピックは山盛りなので、是非SNSのフォローをして継続的に記事を読んでくださればと思います!

こんな調子でとりあえず立ち上げてみたNur-switchですが、実は既に今後追加予定のスイッチなどもあるので引き続きお楽しみに!!

スイッチオフのコーナーでは僕の個人的な内容をめいいっぱいに詰め込んでゆるゆるな雑記ブログを書いています。

ご飯のこと、趣味のこと、毎月の振り返り、内容は本当に様々です(笑)

引き続き是非Nur-switchを楽しんでいってください!

それではまた。

こちらもおすすめ

看護師S田さん
看護師S田さん

京都大学卒業後、とある病院で看護師として勤務しながら、看護師の知識向上のため、「ナースイッチ」を創設。日々臨床と研究を両立しながら看護に向き合っています。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました