S田のモーニングルーティン

こんにちは、精神ナースのS田です。

今回は、忙しい看護師の朝にフォーカスして、日勤の日の僕のルーティンを紹介してみたいと思います。

基本的にほとんど毎日変わらず行っていることなので、もしよければ参考にしてみてください!

【起床】

5時半頃起床します。

アラーム無しで毎日決まって目が覚めるのがこの時間です。

目が覚めてからキッチンに直行し、冷蔵庫にある水ともずく酢を取り出して、サプリメントを飲みます。

仕事中は頻繁に水分補給を出来るわけではないので、健康のために出勤までの時間に500mlのお水1本は飲みきることを自分なりの目安にしています。

そこで僕的なポイントは、朝イチでペットボトルは開封したらそのままキャップを捨てていることです!

ワイルドだろ~~?

そうすれば蓋が出来ないから飲み切るしかないんだぜ~~?

それと、よく「サプリメントって飲んでて何か効果あるの?」と聞かれますが、僕はとても大きな効果を感じています!

「ビタミンC摂ったから今日なんか肌元気やわーーー」という身体的な実感ではなく、毎朝サプリメントを飲むという行動そのものが、生活の中での健康意識を底上げしている実感があります。

「自分の身体を大切にしているよ」という実感が、日々の自己肯定感に繋がっているのです。

もずく酢は、お酢による脂肪燃焼効果ともずくの食物繊維を意図していますが、これもほとんど気持ちの問題です(笑)

たまにお酒を飲んだ時も、翌朝のもずく酢で二日酔いをリフレッシュ出来る感覚があります(笑)

【朝活】

朝イチでの栄養補給をしたら朝活が始まります。

腕立て伏せや腹筋ローラーでのトレーニングを15分~30分程度やって、身体を筋肉から起こしてあげます。

だいたい30回×2セットと20回×2セットの計100回の腕立て伏せで頭がクリアになって、「よし!仕事やったんで!」というスイッチが入ります。

朝の軽いトレーニングの後に、豆腐一丁にポン酢をかけてかきこむのが僕の朝ごはんです(笑)

そしてシャワーを浴びて、スキンケアをしてから珈琲の準備です。

【朝のコーヒータイム】

僕が使用しているのは、下のような直火式のエスプレッソマシンです。

(現物なので直火の汚れがありますが、それも味になっています)

マキネッタと呼ばれるこの子は、イタリアでは多くの家庭にあるほど人気のコーヒーメーカーです。

写真は僕が実際に使用している3cupsというサイズのもので、かれこれ6年ほど使っていますがまだまだ現役です!

豆を挽いてマキネッタの準備をしたら、コンロにのせて弱火でコトコト加熱します。

それを待つ間にドライヤーで髪を乾かします。

本当に効率主義なので、決まったルーティーンを流れるように行うことで、1日の始まりを身体で感じているタイミングです。

そして、髪を乾かし終わり、エスプレッソが出来たら、エスプレッソと成分無調整の牛乳をハーフ&ハーフで割ってとても濃いカフェラテを作ります。

珈琲を飲みながら、仕事の連絡を整理したり、読書をしたりして、しばし朝の時間にゆとりを持たせます。

忙しい1日の始まりだからこそ、あえて一呼吸おいて時間を持つことは大切にしています。

Nurswitchの記事もこの時間にアイデアを下書きにしたりしています(笑)

【出勤準備】

出勤の準備で絶対にしているのが、アイロンとオイルでヘアセットです!

髪型は気分によって分け目を変えたり、パーマ風に巻いたりして変化をつけています。

出発してからは、毎日近所のコンビニでモンスターを買って、短いストローを貰って職場に行きます。

そして職場に着いたらモンスターにストローを挿して飲んでいます。

ここまでのルーティーンで整えたリズムを一気にアクセル全開にする合図のような感覚です。

これが僕の毎日のモーニングルーティーンです。

【まとめ】

人によって朝の時間の使い方は様々です。

僕は朝からきちんと身体と頭を起こして、リズムを作ることで出勤直後から100%のパフォーマンスで活動しています。

あくびをしながら目を擦って出勤することは無いので、朝の検温の時からフレッシュな挨拶で患者さんに対面出来ます。

みなさんにも、決まったルーティンなどがあれば是非教えてください!

美意識高めな僕が、男性ナース向けに清潔感を出すためのコツを記事にしているので、是非そちらもご覧ください!

それではまた!

こちらもおすすめ

看護師S田さん
看護師S田さん

京都大学卒業後、とある病院で看護師として勤務しながら、看護師の知識向上のため、「ナースイッチ」を創設。日々臨床と研究を両立しながら看護に向き合っています。

Follow me!

コメントを残す