S田、初めての高級マスク購入

こんにちは、精神科ナースのS田です。

今回は僕自身が初の高級マスクを購入したので、記事にしていきたいと思います。

ちなみにここで言う“高級マスク”に関して、これは相場感覚と主観によりますが、S田的には1枚あたり1000円を超えるマスクは高級マスクを呼べるでしょう!!!

そんな勢いのレビュー記事ですが、Nur-switchでの勉強の箸休めとしてお付き合いいただければ幸いです(笑)

コロナとマスク

新型コロナウイルスの蔓延に伴って、マスクの着用が推奨され、日常的にほとんどの外出でマスクを着用する生活を送っている方がほとんどです。

一時はマスクの高額転売が社会問題に発展したり、自作の布マスクがブームになったりしてきましたが、最近では多くのお店でマスクを入手出来るようになっています。

そして昨今では一般的な不織布のマスクをはじめ、通気性の良いウレタンマスクや、夏にも涼しい冷感マスクなど、マスクの種類も様々です。

新型コロナウイルスのワクチン接種は日本国内で段階的に進められておりますが、コミナティやモデルナのいずれを接種していても、外出時にはマスクの着用を求められているのが現状です。

つまり私達とマスクの生活はまだ当分続くことになると予想されます。

高級マスク

冷感機能付き、オシャレなデザイン、スポーツブランドやファッションブランドのもの、高価な理由はそれぞれですが、そのようなマスクは使う人にとっても大切に繰り返し使うものが多いです。

そんな高級マスクに、ついに手を出してしまいました。

僕が今回購入したマスクは、UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)のマスクです。

有名スポーツメーカーのUNDER ARMOURが冷感機能を備えた黒のマスクを販売していました!

定価はなんと3000円(税込3300円)・・・高い!!!

完全に勢いで購入しました(笑)

早速開けてみると、とても触り心地の良いマスクと、収納ケースが入っていました。

触った感じは伸縮性のあるスポーツウェアのさらさら感で、耳掛けのところもゆとりのある感触です。

三層構造になっているマスクは、厚みも一般のガーゼマスクよりも厚く、きちんと飛沫を予防できそうな雰囲気です(気持ちの問題・・・)

高級マスクをつけてみた

実際に着用してみると、立体的にフィットするデザインなので、鼻の下から唇にかけての接触がなく、口元に空間があるので、窮屈さがありません。

鼻のワイヤーできちんと顔に合わせられるので、きちんと密着させることが出来ます。

そして、接触冷感機能があるので、どことなくひんやりしています。

(汗をかく場面では、汗がひんやりと染み込むので、不快感なく過ごせました。)

これからしばらくはプライベートで愛用していきたいと思います!!

(仕事中は不織布です・・・)

みなさんはどのようなマスクを着用していますか?

是非、こだわりやお気に入りがあれば教えてください!

それではまた!

こちらもおすすめ

看護師S田さん
看護師S田さん

京都大学卒業後、とある病院で看護師として勤務しながら、看護師の知識向上のため、「ナースイッチ」を創設。日々臨床と研究を両立しながら看護に向き合っています。

Follow me!

コメントを残す