S田、心理学検定への道① ~狙い科目の検討と学習順序~

ついに始まりました。

スイッチオフ渾身の新企画です!!!!!

精神科ナースとして働くS田が、心理学検定に挑戦するという実録ブログです!

以前精神科スイッチで精神科ナースとしてのキャリアアップ資格を紹介しました。

そんな記事を書いた僕は、その資格を取らずに眺めるのか!?!?

答えはNoですね!!!!

ということで、2021年の心理学検定を受験するために、実際の学習計画や受験の様子を記事にしていきたいと思います!!!

長編になるかもしれませんが、今後心理学検定を受験する方の参考になればと思います!

結果もリアルに発表します。

落ちたら落ちるし、ガチでいきます。

ちなみに僕の近況としては、正直本当に忙しいので資格のための勉強に十分な時間を取れる自身もあまりありません。

第1回の記事として今回は、心理学検定の概要のおさらいと僕自身の今後のおおまかな学習計画について書いていきたいと思います!

試験概要

心理学検定は10科目の試験があり、正答率60%を超えた科目の合格数により認定級が決まります。

10科目は5科目ずつに分けられていて、下記のようになります。

このうち認定に必要な合格数は

2級・・・・A科目2つを含む計3科目の合格

1級・・・・A科目4つを含む計6科目の合格

特1級・・・A科目5つとB科目5つの全てに合格

ちなみに科目合格の有効期限は5年間です。

そのため数年にかけて再挑戦しながら合格科目を増やしていくのも可能です!

ちなみにこの記事を書いている2021年の試験日程は

申込6/3~7/20

受験8/1~8/31

でCBT試験となります。

さらに詳しくは公式サイトをご覧ください!

S田の学習計画

ということで、まずは目標設定からいきます!

精神科ナースS田今年の目標は

心理学検定1級の取得とします!

一撃で特1級を目指すとかはさすがに自信無いです(笑)

とはいえ2級は3科目合格なので、目標としては物足りない感覚があります。。。

なので1級合格を目指していきたいと思います!

(来年に特1級を目指す可能性もあるので、シリーズのタイトルは心理学検定1級への道ではなく、心理学検定への道でいきます)

そして、その決意を胸に1冊のテキストを購入しました!

それがこちらです!

さて、このテキストをざーーっと流し見て、6科目の合格を狙う僕が特におさえにいきたい5科目を検討してみました。

これはシンプルに興味があるのと、イケそうな感覚がある科目です。

  • 発達・教育
  • 社会・感情・性格
  • 臨床・障害
  • 健康・福祉
  • 犯罪・非行

正直、ぱっと見の雰囲気です(笑)

この5科目は自分の臨床や、自分の興味と近いものがあるので、みなさんも是非興味のあるものから取り組んでみてください。

おそらく、精神科の看護師がこの資格を目指すとしたら、急性期にしても慢性期にしても、心理学検定の10科目に得意な分野は見つけられるかと思います!

まとめ

ということで、この記事から始まる『心理学検定への道』ですが、学習の様子や受験の様子など、S田のリアルをお伝え出来ればと思います。

今後の様子は適宜更新していくので是非ご覧ください!!

とりあえず受験のとっかかりとしてテキストを1冊購入してみましたが、今後の学習によってまた買いたしたり、みなさんのオススメもコメントで教えていただければと思います!

S田が今回購入したテキストはこちら↓

ということで、今後の連載企画に乞うご期待ください!

それではまた!

こちらもおすすめ

参考サイト

心理学検定公式HP(https://jupaken.jp/ /21.05.30閲覧)

看護師S田さん
看護師S田さん

京都大学卒業後、とある病院で看護師として勤務しながら、看護師の知識向上のため、「ナースイッチ」を創設。日々臨床と研究を両立しながら看護に向き合っています。

Follow me!

コメントを残す