EBNとは?根拠に基づいた看護のコツを紹介!

看護の世界でたまに目にするEBNやEBPやEBMという言葉の意味をご存知でしょうか?

似ている英語が並んでいて、違いがよくわからない!!という方もいるかと思います。

当サイトでも、EBNの実践をコンセプトにして記事を作成しています。

今回はそんなEBNやEBP、EBMとはなんなのかを解説していきます。

EBNの言葉の意味

先に言葉の意味の答え合わせからいきます!

それぞれの言葉の意味はこちら↓

EBM・・・Evidence Based Medicineという言葉は、もともと1991年にGuyatt G氏の論文で初めて使われた表現で、

エビデンス(根拠)に基づく医療

という意味です。

この1本の論文から、世界中でEBMという言葉が使用されるようになりました。

その後、この言葉は分野に合わせて形を変え、

EBN・・・Evidence Based Nursing

     根拠に基づく看護

EBP・・・Evidence Based Practice

     根拠に基づく実践

という言葉に派生してきました。

Nur-switchでは看護に関する情報を扱っているため、EBNが適切かと考え、サイト内でこの表現を使用しています。

EBNの意義

ここまで言葉の説明をしてきましたが、実際にどうしてEBNが重要なのでしょうか。

(以下引用)

看護においては,以前より「なぜそうするのか」という実践の根拠を問いつつケアを行うことの重要性が強調されてきた.また20世紀後半には,科学的根拠を探求して,看護研究の数は急増した.しかしながら,看護実践の現場には,「なぜ」という実践の根拠を問われると,根拠がはっきりしないにもかかわらず行っているケアがたくさんある.EBNは,看護ケアの根拠を改めて問い直し,その患者にとって現時点で得られる最善のエビデンスを,看護の専門的知識を用いて判断し,良心的にそして思慮深く使っていくことである.

(看護のための最新医学講座第36巻 EBNと臨床研究)

実際に看護の現場では「なんで?」「どうして?」と聞かれることが多いです。

看護学生は実習指導者に何度も聞かれて涙目になり、新人ナースは先輩ナースから聞かれておどおどしてしまう質問です。

「なんで?」という質問には、「どうしてその判断に至ったか」を説明できなければいけません。

患者さんの命を預かり、医療に携わる上で、あいまいな理由ではなく明確な根拠を持って行動することが大前提なのです。

注意!勘違いEBN

ここまで、患者さんの最善の治療利益のためには根拠に基づいた看護の実践が必要だと説明しました。

しかし、臨床現場ではこの「根拠」を勘違いして実践している場合があります。

「私はこう思う、っていう根拠があります」

「私の感覚ではこうした方がいいかな、っていう根拠があります」

臨床ではたまに耳にします。しかし…

あなたの個人的な感覚は根拠に入りません!!!

本当にこれ大事です。

病棟に長くいるナースでも、こんなことを言っていたりします。

しかし、たとえ経験が長いナースであってもそれは違います!!!

(本当に強調させてください!)

エビデンスの前提として必要なのが、一般性と再現性です。「私はこう思う」という個人的な感覚に頼りすぎると、重要な兆候や別の可能性を見落としてしまう恐れがあります。

誰か一人の「なんとなく」で判断しないようにしましょう!

とはいえ、“根拠に基づいた経験則”を養うことはとても重要なことなので、「なんで?」に答えを出して積み重ねることは重要です。この部分については今後詳しい記事にしていきます。

実際にEBMってどうするの?

では、根拠に基づいた看護って実際どうすれば良いのでしょうか?

まずは実際の流れと、S田なりにかみ砕いた内容で解説します。

(看護のための最新医学講座第36巻 EBNと臨床研究)

書籍(根拠)によると、このような流れで実際のEBNが構築されています。

ではこのエビデンスに基づいてS田なりに(実践的に)かみ砕くと・・・

このような流れで実際には看護に反映させていきましょう!

エビデンス(根拠)といっても、みんなが論文を読まなければいけないわけではありません。

「論文は難しくて読めないです・・・」という方のために優しくまとめてあるのがテキストなので、教科書やテキストは十分エビデンスと呼べるでしょう。

(エビデンスレベルについては他の記事で紹介します!)

これを見ると、先ほど書いたような、看護学生や新人ナースが聞かれる「なんで?」というボディブローのような一言は

①という問題に、④という行動をするのはどんな②③の根拠があるの?」

と言い換えることが出来ます。

あいまいな、なんとなく、で看護をしないために、このような流れで判断できるよう心がけていきましょう。

実際に②での情報の探し方や、③での吟味の方法については今後この看護師スイッチで発信していきたいと思うので、今後もご覧ください!

まとめ

EBN(エビデンスに基づいた看護)について、基本的な情報をお伝えしてきました。

エビデンスと言われると構えてしまうイメージですが、実は看護学生の時から実習で出会っているものです。

看護師として働いているとどうしても十分に学習する時間が取れない場合があります。

しかし臨床現場にデビューしたからといって、教科書がほこりをかぶっているような状態にならないようにしましょう。

そして、積極的に学習をして知識を積み上げていきましょう!

今後も引き続きわかりやすい形でまとめるよう発信していくので、是非他の記事も見てみてください!!

それではまた!

こちらもおすすめ

参考文献

「看護のための最新医学講座第36巻 EBNと臨床研究」 日野原重明ら

看護師S田さん
看護師S田さん

京都大学卒業後、とある病院で看護師として勤務しながら、看護師の知識向上のため、「ナースイッチ」を創設。日々臨床と研究を両立しながら看護に向き合っています。

Follow me!

コメントを残す