ついに副反応!?コロナワクチン接種翌日の経過

この記事では、看護師S田がコロナウイルスのワクチンであるコミナティを接種した翌日の経過について記載していきます。

接種の流れと当日の経過についてはこちら

※注意事項※

これはS田個人の経過ですので、参考程度にご覧ください。

また、S田の添付する画像には副反応に関わる内容が含まれますので、実際の画像が苦手な方は、今後更新するまとめ記事をご覧ください

かなり個人的なブログ調での記事であることをお許しください。

それではいきましょう!!

・6:00 起床

朝目が覚めて、違和感が残るものの痛みというほどではなく、腫れや赤みもありませんでした。

熱は36.2℃

平熱です。

腕の状態は・・・

昨日から目立った変化はありません。

腫れや赤みもないです。

・9:30 悪寒

いつも通りの活動をしていましたが、腰のあたりからぞわぞわとこみ上げてくる悪寒があります。

すごくゾクゾクとして、落ち着かない感覚です。

ちなみに事前に読んでいたワクチンのパンフレットにも、副反応として10~50%で悪寒があると記載されています。

「これなのかぁぁぁ!!」と感じつつも、夜勤業務に取り掛かります。

・21時30分  発疹

左上腕に発疹があることに気付きました。

業務中だったので、写真はさらに2時間後の23時半頃に撮影した画像で、下のような状態でした。

横から見ると大きな変化はありません。

前から見ると、見ての通りぶつぶつとまだらな発疹が出ています。

(このような画像が苦手な方はすみません・・・)

痛みはなく少しかゆいかなぁ、という程度です。

出来るだけ触らないようにして仮眠に入りました。

(ちなみにイブは使用せずに過ごしています)

・夜勤が終わり、翌日の9:30(接種から約48時間後)

腕の状態はこちらです↓

昨夜からの発疹は残っていますが、範囲が拡大したり発疹の程度が増悪している様子はありません。

かゆみもほとんどありません。

引き続き経過を観察しつつ、過ごしていきたいと思います!

・まとめ

今後、1回目摂取の個人的なまとめと、職場の職員の反応は追って更新していきます!

そして、3週間後には2回目の接種があるので、その際にも実況レビューしていきたいと思います。

是非ご覧下さい!

そしてインスタグラムのフォローもよろしくお願いします!

こちらもおすすめ

看護師S田さん
看護師S田さん

京都大学卒業後、とある病院で看護師として勤務しながら、看護師の知識向上のため、「ナースイッチ」を創設。日々臨床と研究を両立しながら看護に向き合っています。

Follow me!

コメントを残す