学研ウェルネスCLUBはこんな方にオススメ!

このページでは、学研ウェルネスCLUBがどのような方にオススメなのかを解説していきたいと思います。

入会を検討しているご本人様に限らず、親御さんの認知症が心配な方も是非参考にしていただければと思います!

学研ウェルネスCLUBの解説ページはこちら

  1. こんな方にオススメ
  2. 親の老後の健康が心配という方のために
  3. 実際にウェルネスCLUBのある生活例
  4. オススメ出来ないパターン!?

こんな方にオススメ

学研ウェルネスCLUBのサービスは、認知症を予防して健康的な生活を送ることを応援する内容となっています。そのため、大げさに言うと「ほぼ全員が対象者」となるわけです。

しかしそれでは話が進まないので、いくつか例を挙げてみましたので、以下の内容にいくつか当てはまる方は要注意かもしれません。

  • 物のしまい場所を忘れる
  • 今しようとしていることを忘れる
  • 理由もないのに気がふさぐ
  • 身だしなみに無関心である

(引用:認知症疾患医療センター 認知症簡易チェック 抜粋)

これは認知症の初期症状を発見するための簡易的なチェックの一部です。

このような内容があったら認知症に関して検査を受けるか、何らかの継続的なリハビリが必要かもしれません。

そのような方に、学研ウェルネスCLUBで定期的に看護師と相談しながら健康生活を維持することは検討してみると良いのではないでしょうか。

親の老後の健康が心配という方のために

実際にウェルネスCLUBのある生活例

オススメ出来ないパターン!?

ご家族の方のために学研ウェルネスCLUBをご検討している方で、唯一オススメ出来ないパターンがあります。

ウェルネスCLUBに関してだけではありませんが、ご本人のやる気のない状態でご家族の判断での入会は避けるようにしましょう。

認知症予防のためとはいえ、学研ウェルネスCLUBのサービスは毎日のドリルや看護師との定期面談があり、取り組むためには時間と労力が必要です。

なのできちんとご本人様とご家族で相談して、やってみるという結論になったら入会するようにしてみましょう。

認知症予防のためのサービスとして、学研が新たに提供するウェルネスCLUBについて検討している方の参考になればと思います。

こちらもおすすめ

看護師S田さん
看護師S田さん

京都大学卒業後、とある病院で看護師として勤務しながら、看護師の知識向上のため、「ナースイッチ」を創設。日々臨床と研究を両立しながら看護に向き合っています。

Follow me!

コメントを残す